ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
「S☆S」日記とは
個人的に「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」に関連する出来事があったり、
なかったりした時に更新するページです。


2018年05月21日 20時28分

月曜日恒例「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」(第16話)
今日は、月曜日恒例企画「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」をお送りさせていただきます。

今シリーズは背景に注目させていただいております。
今回は、第16話となります。

では早速、各作品の第16話タイトルを並べてみます。


「ふたりはプリキュア」・・・「ストレス全開!マドンナはつらいよ」

「ふたりはプリキュア マックスハート」・・・「なぎさノリノリ!ラッキーカラーで絶好調!!」

「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」・・・「夢と希望と健太の悩み!」

「Yes!プリキュア5」・・・「こまち小説家断念!?」

「Yes!プリキュア5 GoGo!」・・・「かれんとこまちとお菓子の家」

「フレッシュプリキュア!」・・・「恐怖の文化祭!夜の学校に響く足音!!」

「ハートキャッチプリキュア!」・・・「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」

「スイートプリキュア♪」・・・「ピンポーン!交換ステイでベストフレンドニャ♪」

「スマイルプリキュア!」・・・「れいかの悩み!どうして勉強するの!?」

「ドキドキ!プリキュア」・・・「レジーナ猛アタック!マナはあたしのモノ!!」

「ハピネスチャージプリキュア!」・・・「私はマスコミよ!!プリキュアの秘密全部見せます!!」

「Go!プリンセスプリキュア」・・・「海への誓い!みなみの大切な宝物!」

「魔法つかいプリキュア!」・・・「久しぶりっ!補習メイトがやってきた!」

「キラキラ☆プリキュアアラモード」・・・「キケンな急接近!ゆかりとリオ!」

「HUGっと!プリキュア」・・・「みんなのカリスマ!?ほまれ師匠はつらいよ」


この回は「悩み」をテーマにした作品が多く、タイトルにも「S☆S」と「スマイル」で使用されており、「無印」と「5」も悩みをテーマとした内容となっています。


続いて、「S☆S」の第16話の印象に残った背景を紹介させていただきます。

第16話は、こちらの背景となります。


咲「でも、放課後の部活で、リベンジ、リベンジ」(第16話より)

これはオープニング直後のシーンとなります。
2年B組の朝の様子を描いたカットとなっています。

ここで話は少しずれますが、アニメ制作における『背景』とは、動かない一枚画は『背景』と認識してよいのでしょうか・・・?
このシーンですと、キャラクターはいますが動いていませんし・・・。
セルは重ねていると思いますが、動かない画は当サイト的には『背景』と認識させていただきたいと思います。

そして本題に戻りますが、この背景で注目していただきたいのは、この回の主人公(見切れてますが)とも言える「健太」でもなく、机で寝ている女子生徒でもありません・・・。
注目すべきは、左下に入る「宮迫」です。
宮迫と話しているのは、宮迫の隣の席の「A子(仮称)」です。
別に、宮迫とA子が話している事が問題ではありません。
注目すべきは、A子と話している宮迫の表情です。
そこには、初登場時(第9話)オドオドしていた宮迫の姿は全くありません・・・。
満面の笑みでA子と話しています。

しかも、この後に健太のカットへ切り替わるのですが、その後ろにも宮迫が描かれています。
そこでも宮迫は、イスに肘を掛け威風堂々のポージングです・・・。
第14話でも「満」と「薫」に自らのお弁当を差し出す等、成長の片鱗を見せた宮迫ですが、まさかこんなキャラになろうとは思ってもいませんでした・・・。
まるで女性の前でのあがり症を克服した「ドラゴンボール」の「ヤムチャ」を見ている様です・・・。


では最後に、その宮迫が後々巻き込まれる事となる健太のセリフで締めたいと思います。

健太「さあさあ、お笑い同好会に入会希望の人はいませんかぁ?只今、相方募集中だよん!」(第16話より)



「ってな感じで♪」、今日は昨日失敗した「プリキュア つながるぱずるん」の「プリキュアチャレンジ」の「こまち」のチャレンジ1に再挑戦したのですが、今回は体力フルで来るあ出来ました(スプレー使用)。
しかし、何故か条件クリアのメッセージが出ず・・・。
一応条件を再確認したら、ステージ3ではなく、ステージ4をこれまでずっとやっていた事に気付きました・・・。
まあ、ステージ4でクリア出来ましたので、ステージ3なら大丈夫でしょう。
また明日チャレンジしてみます。

ゴーヤーン「はあ~、まったり、まったり・・・。またにはこうして息抜きしませんとストレスが溜まりますからねぇ・・・。さて・・・、いい加減に白状なさったらどうですか?太陽の泉は何処にあるのです・・・?」(第30話より)

2018年05月20日 20時30分

「坂井和男」さん、誕生日おめでとうございます
今日は、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」で製作担当を務められた「坂井和男」さんの誕生日です。
おめでとうございます。


映画では、「ふたりはプリキュア スプラッシュスター マジッドキッシアター」「映画 ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター チクタク危機一髪!」も坂井さんが製作担当を務められています。
「S☆S」以外のプリキュアシリーズでは、「ふたりはプリキュア」から「フレッシュプリキュア!」までの製作担当を務められています。


これまで坂井さんにつきましては、毎年坂井さんの誕生日にふれさせていただきました。
以下は、これまで坂井さんの誕生日に取り上げさせていただいたテーマです。

2015年:製作担当と製作進行の違い
2016年:作中の背景に登場したスタッフ(名前等)
2017年:「S☆S」スタッフの坂井さんに関するコメント

どれも薄い内容ですが、もしご興味がありましたら上記の年の5月20日の日記をご覧下さい。

製作担当は、アニメ制作において作画や背景以上に裏方ですので、なかなかネタになりづらいんですよね・・・。
という事で正直ネタ切れですが、坂井さんの「Wikipedia」を見て一つ気になった点がありましたので、その事についてふれさせていただきます。
それは、坂井さんの入社した年です。
坂井さんの「Wikipedia」には、1998年に「東映アニメーション」へ入社した事です。

これの何が気になるかと言いますと、「S☆S」のシリーズディレクターを務められた「小村敏明」さんが、坂井さんの事を『番長』と呼んでいたからです。

小村さん「実は15話もコンテはAパートは描いたけど『Bパートは無理かも!』って番長(製作担当の坂井和男氏)に言ったら、『じゃあ、後半と演出処理は(大塚)隆史君にやってもらうけど、いいか?』『はい(ションボリ)』って」
                (「ふたりはプリキュア Splash☆Star MEMORY BOOK」より)

このやり取りから、てっきり坂井さんは小村さんより年上と思っていたのです・・・。

小村さんは1991年に放送されたテレビアニメ「ゲンジ通信あげだま」で演出を担当されていますし、今年の3月4日に開催された「『プリキュア』シリーズ15周年記念イベント“『プリキュア』感謝祭上映会 vol.1”」でのお姿から見ましても、今年45歳になられた坂井さんより年下とは思えませんので・・・(坂井さんは、2001年に放送された「も~っと!おジャ魔女どれみ」で製作担当デビューされていますので、小村さんは坂井さんより10歳くらい年上かも知れません・・・)。
勿論、先の小村さんのコメントは小村さんのニュアンスが入っていますので、実際はもっと違った言い方だったのかも知れませんので・・・。


では最後に、坂井さんが垣間見れる「大塚隆史」さんのコメントで締めたいと思います。

大塚さん「大抵の場合、1話は監督が演出して、キャラクターデザインの人が作画監督を担当するので、面白くないはずがないんです。視聴者の目が厳しくなるのは2話以降で、『で、どうなのよ、今回のシリーズは?』となってくる。当時の製作担当とも『1話で全力出し切って2話以降面白くないような作品にはしたくないよね』って話をしていて、だから2話は重要だと思ってやらせてもらったんです」
                                  (「お前の目玉は節穴か」より)



「ってな感じで♪」、今日は昨日失敗した「プリキュア つながるぱずるん」の「プリキュアチャレンジ」の「こまち」のチャレンジ1に再挑戦したのですが、失敗に終わりました・・・。
昨日はメールでの中断があった為、体力回復アイテムを使うのを忘れてクリアしてしまい失敗したのですが、今日は普通にプレーして失敗してしまいました・・・。
勿論、スプレー使ってです・・・。
まあ、このゲームは運要素も強いので、その内にクリア出来ると信じてます・・・。

そして明日から超ハードな1週間が始まります・・・。
比較的暇な週と超忙しい週が交互に来るんですよね・・・。
という事で、今週(特に火曜日)は簡易更新が続くと思いますが、ご容赦下さい。

CMタレント「AWAAWA石鹸は、泡立ちが違います!」(第29話より)

2018年05月19日 23時04分

毎年恒例企画「プリキュア(中の人)出身地ランキング ver.2018」
今日は、プリキュア追加時恒例企画「プリキュア(中の人)出身地ランキング ver.2018」をお送りさせていただきたいと思います。
本来でしたら「HUGっと!プリキュア」が始まった2月にお送りする企画なのですが、タイミングを逸してしまい、このタイミングとなってしまいました・・・。

この企画は、プリキュア(中の人)の出身地を都道府県別でランキング化するというものです。
前回は、「ふたりはプリキュア」から「キラキラ☆プリキュアアラモード」までのプリキュアに「キュアエコー」を加えた51キャラクターで行わせていただきましたが、今回はそれに「HUG!プリ」を加えた54キャラクターで行わせていただきます。

この集計には、「ハピネスチャージプリキュア!」等に登場している他のプリキュアはカウントしておりません(「映画プリキュアオールスターズ」ベース)。
また、出生地と出身地が異なる場合は、出身地を優先させていただきました。

本編に入る前に、まず参考資料として都道府県人口(2016年統計)のベスト10を掲載させていただきます。

1位:東京都(13,636,222)
2位:神奈川県(9,145,572)
3位:大阪府(8,837,812)
4位:愛知県(7,507,691)
5位:埼玉県(7,288,081)
6位:千葉県(6,240,575)
7位:兵庫県(5,521,205)
8位:北海道(5,352,306)
9位:福岡県(5,106,707)
10位:静岡県(3,686,945)

確率論から見ますと、人口の多い都道府県ほど、出身のプリキュアが多いと思われるかも知れません・・・。
「キラ☆プリ」では6人ものプリキュアが誕生しましたが、順位の変動はあったのでしょうか・・・。

では、スタートです。


まずは、第10位の発表です。
10位には、13都道府県が並んでいます。

10位は、「高知県」、「愛媛県」、「栃木県」、「岩手県」、「岡山県」、「石川県」、「新潟県」、「愛知県」、「秋田県」、「長野県」、「鹿児島県」、「福井県」、「群馬県」です。

「桃園ラブ/キュアピーチ」役「沖佳苗」さん(高知県)
「花咲つぼみ/キュアブロッサム」役「水樹奈々」さん(愛媛県)
「来海えりか/キュアマリン」役「水沢史絵」さん(栃木県)
「明堂院いつき/キュアサンシャイン」役「桑島法子」さん(岩手県)
「黄瀬やよい/キュアピース」役「金元寿子」さん(岡山県)
「坂上あゆみ/キュアエコー」役「能登麻美子」さん(石川県)
「相田マナ/キュアハート」役「生天目仁美」さん(新潟県)
「氷川いおな/キュアフォーチュン」役「戸松遥」さん(愛知県)
「海藤みなみ/キュアマーメイド」役「浅野真澄」さん(秋田県)
「紅城トワ/キュアスカーレット」役「沢城みゆき」さん(長野県)
「野乃はな/キュアエール」役「引坂理絵」さん(鹿児島県)
「薬師寺さあや/キュアアンジュ」役「引坂理絵」さん(福島県)
「輝木ほまれ/キュアエトワール」役「小倉唯」さん(群馬県)

何と、今期のプリキュア(中の人)は3人とも新たな都道府県から誕生していました。
特に群馬県は、関東圏で唯一プリキュア(中の人)がいない県でしたが、待望のプリキュア(中の人)誕生となりました。


続いては、第6位です。
6位には、4都道府県が並んでいます。

6位は、「千葉県」、「北海道」、「神奈川県」、「大阪府」です。

「雪城ほのか/キュアホワイト」役「ゆかな」さん(千葉県)
「青木れいか/キュアビューティ」役「西村ちなみ」さん(千葉県)
「九条ひかり/シャイニールミナス」役「田中理恵」さん(北海道)
「山吹祈里/キュアパイン」役「中川亜紀子」さん(北海道)
「春日野うらら/キュアレモネード」役「伊瀬茉莉也」さん(神奈川県)
「大森ゆうこ/キュアハニー」役「北川里奈」さん(神奈川県)
「月影ゆり/キュアムーンライト」役「久川綾」さん(大阪府)
「円亜久里/キュアエース」役「釘宮理恵」さん(大阪府)

「HUG!プリ」の3人が10位に入った為、前回と変動なしです。


続いては、第3位です。
3位は、「兵庫県」、「茨城県」、「福岡県」です。

「水無月かれん/キュアアクア」役「前田愛」さん(兵庫県)
「日野あかね/キュアサニー」役「田野アサミ」さん(兵庫県)
「菱川六花/キュアダイヤモンド」役「寿美菜子」さん(兵庫県)
「剣崎真琴/キュアソード」役「宮本佳那子」さん(茨城県)
「愛乃めぐみ/キュアラブリー」役「中島愛」さん(茨城県)
「立神あおい/キュアジェラート」役「村中知」さん(茨城県)
「四葉ありす/キュアロゼッタ」役「渕上舞」さん(福岡県)
「天ノ川きらら/キュアトゥインクル」役「山村響」さん(福岡県)
「剣城あきら/キュアショコラ」役「森なな子」さん(福岡県)

昨年大きく変動した3位ですが、今回は変動なしとなりました。


そして、第2位の発表です。
2位は、「埼玉県」です。

「美墨なぎさ/キュアブラック」役「本名陽子」さん(埼玉県)
「夏木りん/キュアルージュ」役「竹内順子」さん(埼玉県)
「秋元こまち/キュアミント」役「永野愛」さん(埼玉県)
「調辺アコ/キュアミューズ」役「大久保瑠美」さん(埼玉県)※
「朝日奈みらい/キュアミラクル」役「高橋李依」さん(埼玉県)
「有栖川ひまり/キュアカスタード」役「福原遥」さん(埼玉県)

一昨年、昨年と2年連続で新たなプリキュア(中の人)が誕生した埼玉県でしたが、今回は変動なしとなりました。

※大久保さんは『出生』が愛媛県なのですが、このランキングでは『出身』を優先しましたので、埼玉県とさせていただきました。


そして、第1位の発表です。
1位は、「東京都」です。

「日向咲/キュアブルーム」役「樹元オリエ」さん(東京都)
「美翔舞/キュアイーグレット」役「榎本温子」さん(東京都)
「夢原のぞみ/キュアドリーム」役「三瓶由布子」さん(東京都)
「美々野くるみ/ミルキィローズ」役「仙台エリ」さん(東京都)
「蒼乃美希/キュアベリー」役「喜多村英梨」さん(東京都)
「東せつな/キュアパッション」役「小松由佳」さん(東京都)
「北条響/キュアメロディ」役「小清水亜美」さん(東京都)
「南野奏/キュアリズム」役「折笠富美子」さん(東京都)
「黒川エレン/キュアビート」役「豊口めぐみ」さん(東京都)
「星空みゆき/キュアハッピー」役「福圓美里」さん(東京都)
「緑川なお/キュアマーチ」役「井上麻里奈」さん(東京都)
「白雪ひめ/キュアプリンセス」役「潘めぐみ」さん(東京都)
「春野はるか/キュアフローラ」役「嶋村侑」さん(東京都)
「十六夜リコ/キュアマジカル」役「堀江由衣」さん(東京都)
「花海ことは/キュアフェリーチェ」役「早見沙織」さん(東京都)
「宇佐美いちか/キュアホイップ」役「美山加恋」さん(東京都)
「琴爪ゆかり/キュアマカロン」役「藤田咲」さん(東京都)
「キラ星シエル/キュアパルフェ」役「水瀬いのり」さん(東京都)

そして、2位の埼玉県にトリプルスコアを付けて1位となったのは、絶対王者の東京都です・・・。
因みに、東京都出身のプリキュアがいないのは、現時点で「ふたりはプリキュア」、「ふたりはプリキュア マックスハート」、「ハートキャッチプリキュア!」、「ドキドキ!プリキュア」の4作品と、「HUG!プリ」(仮)※のみとなっています。

※「HUG!プリ」はまだ追加戦士の可能性がありますので、仮とさせていただきます。


以上となります。

昨年7月にお送りしたこの企画で『地方創成枠』として、まだプリキュア(中の人)が誕生していない都道府県から・・・と書かせていただいたのですが、正に「HUG!プリ」はそうなりました。
未だ東日本大震災からの復興道半ばの福島県、関東圏で唯一プリキュア(中の人)がいなかった群馬県、NHK大河ドラマ「西郷どん」でも注目を浴びている鹿児島県、この3県から新たなプリキュア(中の人)が誕生しました。
今後「HUG!プリ」に追加戦士が誕生すると思われますが、是非未だプリキュア(中の人)が誕生していない都道府県から起用されればと願っております・・・。


では最後に、現時点でのプリキュア(中の人)の出身都道府県の地図をアップさせていただきます。


ハミィ「もうすぐプリキュアの地図が完成するニャ」



「ってな感じで♪」、いつもお気に入り登録ありがとうございます。

昨日の日記で書かせていただいた「プリキュア つながるぱずるん」の「プリキュアチャレンジ」ですが、今日「こまち」のチャレンジ1をスプレー使ってやってみたのですが、最後のタイミングで仕事のメールが届き、中断している間に貯めていた回復アイテムを使うの忘れて、そのまま倒してしまい条件クリア出来ませんでした・・・。
ただ、一日一回動画を見ると無料で使用出来るスプレーを使えば楽勝っぽいので、また明日にでもチャレンジしてみます。
「エレン」の方も★3カードあったので、「デイリーミッション」クリアのついでに育て始めたのですが、こまちの★3カードは1枚も持ってませんでした・・・。
気長にガチャで出るのを待ちます・・・。

フープ「ププ~。たっちププ」(第28話より)

2018年05月18日 22時27分

最も人気がある企画(?)「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告です
今日は週で二番目に忙しい金曜日という事で、先月最もアクセス数が多かった企画「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告を早速復活させていただきます。
しかし・・・(2回目)。


う~ん・・・、書く事がないです・・・(2回目)。
現在開催中のイベントもないので、取り敢えずは「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」以外の「プリキュアチャレンジ」の進行具合について書かせていただきます・・・。

前回、まず「こまち」と「エレン」の「プリキュアチャレンジ」を進めると言いましたが、これがなかなか厳しいです・・・(「やよい」は二人の高難易度チャレンジが終わるまで放置)。
まず、こまちの条件は以下の通りです。

こまち

チャレンジ1:こまちを使って、ステンドグラスのしまのエリア3のステージ40をHP99%以上でクリアしよう!

チャレンジ2:こまちを使って、ステンドグラスのしまのエリア3のステージ35でふしぎなボムを4こ以上けそう!

チャレンジ3:こまちを使って、任意のステージで1筆でグリーンビーズを20個けそう!(完了)

チャレンジ4:こまちを使って、「こおり」を1000個完全にとかそう!

まず①ですが、これは簡単そうなので近々に終わらせる予定です。
④も時間が解決してくれるので放置気味で・・・。
問題は②ですね・・・。
この「ふしぎなボム」ですが、攻略サイトも見ずにの初見でのイメージでは、途中に出てくる特定の雑魚しかボムを出さない気がします・・・。
ですが、こまちのレベルがマックスという事もあって、雑魚がボムを4個出す前に倒してしまうんですよね・・・。

エレン

チャレンジ1:エレンを使って、ブルーのビーズを5500個けそう!

チャレンジ2:エレンを使って、合計500個ボムとちいさいボムを使おう!

チャレンジ3:エレンを使って、ステンドグラスのしまのエリア3のステージ20で1筆でブルービーズを18個けそう!(完了)

チャレンジ4:エレンを使って、任意のステージでひっさつわざを7回使おう!

エレンは①と②は放置予定です。
問題は④です・・・。
先のこまちと同様、エレンもレベルがマックスな上、必殺技もマックスな事もあり、通常ステージでは必殺技を7回使う前にボスを倒してしまうのです・・・。
しかも、現在はイベントが行われていないので、高難易度のステージもありませんし・・・。

以上となります。
こまちとエレンに共通するのはカードが強すぎる事なので、解決策は★3の各キャラのカードを程々に育ててチャレンジするのが一番なのですが、それを行う時間が・・・。


最後は、最近好調のガチャです。
前回この企画を送りしたのが5月13日だったのですが、この5日間で★4カードが2枚も引けました。


いちか「きれいな桜に、美味しいスイーツがあればバッチリ!どうぞ召し上がれ」


なぎさ「タコ焼もいいけど、チョコパフェ・・・?う~ん・・・、やっぱりどっちも!」

「デイリーミッション」用に一日一回やってるだけですので、贅沢は言えないのですが、両方ともピンク属性なんですよね・・・。
ピンクには不動のエース「咲」がいますので・・・。



「ってな感じで♪」、今日は外国人スタッフとの懇親会も兼ねて食べ放題のビュッフェに行ってきました。
しかし、プチ断食翌日の食べ放題はきついです・・・。
その上、胃や腸にも相当な負担だと思いますし・・・。
断食で休んだ翌日に、目一杯働かせられる訳ですので・・・。
まあ、こういうイベントも早々ないですから今回だけでしょうが・・・。
それにしても、こんな中途半端な断食だと凄く太りそうな予感が・・・。

和也の友達「お~い、和也~!何処行ってたんだよ!」(第27話より)

2018年05月17日 20時15分

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」二部(夜の部)レポート⑧
今日は、2017年12月10日(日)開催されました「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポート⑧をお送りさせていただきます。
レポート⑦につきましては、昨日の日記をご覧下さい。

レポート①:2018年4月19日
レポート②:2018年4月28日
レポート③:2018年4月29日
レポート④:2018年5月2日
レポート⑤:2018年5月5日
レポート⑥:2018年5月8日
レポート⑦:2018年5月16日

また、レポートの中に書かせていただいている出演者のコメントにつきましては、自分の聞き違いやニュアンスの取り違いの可能性もあります。
もし、大きな間違いがありましたら、ご一報いただけると助かります。
宜しくお願いします。

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」

開催日:2017年12月10日(日)
開催時間:一部13:00開場13:30開演/二部18:00開場18:30開演
会場:「初台DOORS」
出演:「うちやえゆか」「榎本温子」「樹元オリエ」「五條真由美」

では、スタートです。


これでトークコーナーは終了となりました。

伊福部さん「10周年おめでとうございます。ありがとうございました~」

伊福部さんは観客の方の拍手に送られ、ステージを下りられました。


五條さん「伊福部さんにはずっと10年手伝ってもらってますからね」
榎本さん「そう、最初から。トークコーナーなくてもいてもらって」
五條さん「うちらが出るだけのやつも、ちょっと書いてもらったりとかね」
榎本さん「そう、朗読書いてもらう時もあるし。本(テウチライブ10周年記念ブック)にね、今回掲載させてもらってますけど。色んな思い出があるもんだ」
五條さん「何か色んな事がチャレンジ出来て楽しいよね。あ、バンド呼ばなきゃだ」


ここで漸く袖で控えていたバンドメンバーに声が掛かりました。
これにはバンドメンバーも苦笑いでの登場となりました。

榎本さん「じゃあ、二人にまず任せちゃいますよ。頑張ってね~」

テウチメンバー4人の内、榎本さんと樹元さんがステージを下りられ、ステージにはうちやえさんと五條さんが残りました。

五條さん「ほんと付かず離れずの感じでいれるといいのかなと思ってるんですけど、伊福部さんと・・・、あ、聞いてなかったね。やえさん、もうね。やえさんのスイッチは違う方へ行ってましたね(笑)」
うちやえさん「今、ちょっと違う方向に行きましたけど、何の話で?」
五條さん「ですよね・・・」
うちやえさん「そうそうそう、ここの二人の話ね?・・・えっ!?」
五條さん「うんうんうん・・・、そう・・・、あの、いい・・・」
うちやえさん「私とまいこで付かず離れずコンビを組んで・・・」
五條さん「聞いてんじゃん!コンビは組んでないから・・・」
うちやえさん「コンビは組んでないかも知れないけど、より強い絆で結ばれていたいって話ですか?ありがとうございますぅ~!」


うちやえさんと五條さんさんが歌われた9曲目は、ライブアルバム「10⁺α」に収録されている「サカサマノソラ」です。
作詞を先程までトークコーナーの司会をされていた伊福部さん、作曲と編曲を大石さんが担当されています。
伊福部さんは、これまでテレビアニメ「おねがい♪マイメロディ きららっ★」等の作詞を手掛けられているのですが、意外にも「テウチライブ」のオリジナルソングの作詞は、この曲が初めてとなります。

五條さん「ありがとうございま~す」


ここで榎本さんと樹元さんがステージに戻られ、再びテウチメンバー全員がステージ上に揃いました。

榎本さん「誰かスマホゲーとかの主題歌とかに~・・・。関係者の皆さ~ん・・・、パイプはありませんか~・・・?原盤権は私たちが待っていま~す・・・。JASRACを通していま~す・・・。以上が情報です・・・(笑)」


続いては、テウチメンバー全員で歌われる事になります。
その前に、ここで榎本さんからサプライズ発表が行われたのです。

榎本さん「続いての曲は、桃井はるこちゃんが作ってくれた名曲です!昼間も盛り上がったね!夜も是非盛り上がってほしいんですが、ここで掛け声を手伝ってくれる方を紹介します!」

榎本さんの言葉で、会場のボルテージが一気に上がりました。

榎本さん「もうスタンバってるかな?一伸さ~ん!」

榎本さんの呼びかけを合図に、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」の「カレハーン」役でもお馴染の「千葉一伸」さんがステージに登場されました。
観客が大歓声で迎えます。
勿論、「テウチライブ」で千葉さんが登場となると、あの掛け合いが定番です。

観客「カレーパーン!!」
千葉さん「カレハーンだっ!と言うかね、聞いてないよ!俺、のんびり見てたんだから今」

五條さん「さっき『お疲れ~』ってビール飲んでた」
樹元さん「そうだよ。シュワシュワの物、飲んでたよ」
千葉さん「俺、シュワシュワな物、入っちゃってるんだけど。金色(こんじき)のやつ」


ご存知の方も多いと思いますが、千葉さんは一時期、正式なテウチメンバーとしても「テウチライブ」に参加されていました。
また、今回ライブアルバム「10⁺α」に収録されている「We are ぱわすぽ!」では、千葉さんがコーラスを担当されているそうです。

榎本さん「ミックスしてる時に、やっぱ一伸さんの声目立つなと思った」
千葉さん「かなり下げられてたよね?」


テウチメンバー4人と千葉さん(コーラス)で歌われた10曲目は、その「We are ぱわすぽ!」です。
昨年3月に開催された「SUPER TEUCHI MIX!!~Reunion~」で披露されたネットワークゲーム「ファンタシースターオンライン2」のライブ曲「レアドロ☆KOI☆恋!」の作詞、作曲を行われた「桃井はるこ」さんが、同様に作詞、作曲を担当された曲です。


今日は、ここまでとさせていただきます。
レポートの続きは近日中にアップさせていただく予定です。



「ってな感じで♪」、今日は休みという事でプチ断食しました・・・。
食費は浮きますが、やはりご飯を食べていないとやる気が起きませんね・・・。
テレビを見てても料理番組や食べ物のCMが目に留まってしまいますし・・・。
今、休みの日はプチ断食してるので、週に2回ペースです。
プチ断食と言えば健康の為やダイエットの為に行っている人が多いのでしょうが、自分は単純に食費を削る為というのが悲しいです・・・。
でも実際、週に2日食べないだけで、財布の中のお金の減りが結構違うんですよね・・・。
勿論、人に勧めはしませんが・・・。

泉田キャプテン「もっと、よくボールを見て!」(第26話より)

2018年05月16日 22時53分

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」二部(夜の部)レポート⑦
今日は、2017年12月10日(日)開催されました「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポート⑦をお送りさせていただきます。
レポート⑥につきましては、5月8日の日記をご覧下さい。

レポート①:2018年4月19日
レポート②:2018年4月28日
レポート③:2018年4月29日
レポート④:2018年5月2日
レポート⑤:2018年5月5日
レポート⑥:2018年5月8日

また、レポートの中に書かせていただいている出演者のコメントにつきましては、自分の聞き違いやニュアンスの取り違いの可能性もあります。
もし、大きな間違いがありましたら、ご一報いただけると助かります。
宜しくお願いします。

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」

開催日:2017年12月10日(日)
開催時間:一部13:00開場13:30開演/二部18:00開場18:30開演
会場:「初台DOORS」
出演:「うちやえゆか」「榎本温子」「樹元オリエ」「五條真由美」

では、スタートです。


続いては、樹元さんです。

樹元さん「テウチは妊婦で・・・(笑)。私、元気な方だったんで全然大丈夫だったんですけど、皆さんにご迷惑と言うかびっくりさせて・・・(笑)」
五條さん「だって、結構ジャンプしたりとかしてるから、みんなそれで・・・」
榎本さん「『ハートキャッチ☆パラダイス!』踊ってたよね」
樹元さん「その時は、妊娠してるって伝えたらきっとみんな不安がると思って、元気よく『ハートキャッチ☆パラダイス!』を踊って、じゃあ後に報告しようかな・・・」
五條さん「ハラハラしたよ~」


樹元さんが「ハートキャッチ☆パラダイス!」を踊られたのは、2010年5月2日に開催された「みんなそろって♪SuperTEUCHILive☆~1日限りの大集合!!~」での出来事です。

また、ここで樹元さんの夫である「稲垣理一郎」さんが、現在「週刊少年ジャンプ」で連載中の漫画「Dr.STONE」の宣伝を樹元さんが行われていました。

榎本さん「(漫画を)読んだ時に、『働けるんじゃん!』って思った」


最後は、うちやえさんです。

うちやえさん「色んなライブがありますけど、お子さんの前とか色んなライブの中でテウチライブ程みんなでやってて楽しい、終わった後で楽しい気持ちになったり、ありがとうねって思うの。なかなかね、またいつものライブと違うっていう所と、後、大晦日までね、やったじゃない?」
榎本さん「カウントダウン」
うちやえさん「色んな用事があるでしょうに。そこまで来て下さったんですけども。あれは結構強烈な思い出でしたね~」



これでテウチメンバー全員の印象に残っているエピソードの紹介が終わったと思いきや、ここで意外な展開が待っていました。

榎本さん「逆に伊福部さんは?」

ここで、「テウチライブ」の名付け親でもある伊福部さんが、この10年で一番印象に残っているエピソードを紹介される事になったのです。

伊福部さん「僕はやえさんの作ったクイズ!ヤバかった(笑)。ヤバかった(笑)。丸々トークコーナーをお任せした事があって」
榎本さん「そうだった~!」
うちやえさん「そうだ!(山口)勝平さんとかに、声変わり中の中学生で何か言ってくれみたいな事言った」
樹元さん「無茶振りをね・・・」
榎本さん「質問じゃないじゃんみたいな事が混ざってた」


こちらは、2009年1月17日に開催された「みんなでぷちTEUCHI LIVE」でのエピソードです。
更に伊福部さんには、もう一つ印象に残っている出来事があったそうです。

伊福部さん「後、大阪のライブ終わりの喫茶店!地獄の様な・・・!やえ丼を物凄い浴びせられた2時間の喫茶店!あれ地獄だった・・・!」
五條さん「喫茶店に入って、最初(伊福部さん)元気だったんだけど、どんどんどんどん元気がなくなって(笑)」
樹元さん「やえさんに当てられて・・・(笑)」
五條さん「帰る頃にはぐったり・・・!」
伊福部さん「ぐったりしてた・・・!あの後12時間眠りましたもん」
うちやえさん「何喋ったんだろうね?」
伊福部さん「あれから僕はやえさんを無視するっていう・・・」
榎本さん「言った!今(うちやえさんが)『意気投合した』って」
伊福部さん「馬鹿言うな」


こちらは、現時点で唯一東京以外で開催された「よにんでSUPER☆TEUCHI☆MIX!! in OSAKA」(2012年10月7日開催)のライブ後のエピソードでした。


今日は、ここまでとさせていただきます。
レポートの続きは近日中にアップさせていただく予定です。



「ってな感じで♪」、今日も帰りの電車の中で爆睡してました・・・。
歳のせいか、疲れやすくなってる気がします・・・。
因みに、新人Aは片道2時間の長距離通勤なのですが、その通勤時間は貴重な睡眠時間に充てられているそうです。
そこで役立つのがマスクだそうです。
マスクをしていれば、爆睡して口を開いていても気付かれませんし、涎も防げるそうです。
更に、朝寝坊した際には化粧をしてないのが誤魔化せる等、一石二鳥以上の働きをするとの事です・・・。

海の家の客「何かあっちの方が面白そうだなぁ」(第25話より)

2018年05月15日 22時22分

第4回「『S☆S』かるたのオリジナル文字札を考えてみよう」(「す」~「た」編)
今日は、お正月以来となる「『S☆S』かるたのオリジナル文字札を考えてみよう」をお送りさせていただきます。

これは、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」のかるたを使用したネタで、文字札を見ずに、絵札だけを見て、オリジナルの文字札を考えてみようという企画です。

絵札


文字札


ただ、こちらの様に本物の文字札を載せてしまいますと、そちらに引っ張られる可能性がありますので、載せるのは絵札のみとします。
そして、恥ずかしながら自分の考えた解答例を一緒に載せさせていただきます・・・。
皆さんも「S☆S」ファンならではの文字札を考えてみて下さい。

ではスタートです。


絵札


文字札
解答例:好きな人・・・?(みのりちゃん・・・)いる訳ないでしょ・・・



絵札


文字札
解答例:戦闘が始まると結構強いんですよ・・・この二人・・・



絵札


文字札
解答例:速球投手、日向咲。9人連続三振達成でアイスクリームゲットだ~!



絵札


文字札
解答例:太陽の泉 守って 元気と勇気と 本気のパワーGo!Go!Let's Go!(「Yes!プリキュアスマイル♪~夢に向かって~」より)



以上となります。

因みに、今回の解答例もいつも通り、一問につきほぼ30秒以内に考えます・・・。
勿論、ちゃんと時間をかけて考えれば、もっと面白い解答例が出るかも知れませんが、そういうサイトではないので・・・。
自分の座右の銘は『適当』ですしね。

是非皆さんの考えた文字札をお聞かせ下さい。



「ってな感じで♪」、いつもリツイート、お気に入り登録ありがとうございます。

先週の火曜日の日記をチェックしましたら、週で一番忙しい火曜日にも関わらず「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポートをお送りしてました・・・。
う~ん・・・、1週間前の自分は一体何を考えていたのでしょうか・・・。
自画自賛ですわ・・・。
今日は手堅く、先にも書かせていただいた通り、一問30秒で終わるネタをお送りさせていただきました・・・。
ある意味、一番楽な企画かも知れません・・・。

ムープ「どうしようムプ・・・!」(第24話より)

2018年05月14日 20時30分

月曜日恒例「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」(第15話)
今日は、月曜日恒例企画「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」をお送りさせていただきます。

今シリーズは背景に注目させていただいております。
今回は、第15話となります。

では早速、各作品の第15話タイトルを並べてみます。


「ふたりはプリキュア」・・・「メチャ危ない家族旅行」

「ふたりはプリキュア マックスハート」・・・「あこがれの先輩は大親友!?」

「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」・・・「ソフトボールは親子の絆」

「Yes!プリキュア5」・・・「ハッスルのぞみのお手伝い!」

「Yes!プリキュア5 GoGo!」・・・「りんちゃんと豆の木」

「フレッシュプリキュア!」・・・「せつなとラブ 相手を思いやる心!」

「ハートキャッチプリキュア!」・・・「なんと!生徒会長がキュートな服着ちゃいます!!」

「スイートプリキュア♪」・・・「メロメロ~!奏のラッキースプーンニャ♪」

「スマイルプリキュア!」・・・「ドタバタ!みゆきの母の日大作戦!!」

「ドキドキ!プリキュア」・・・「夢か約束か!六花おおいに悩む!」

「ハピネスチャージプリキュア!」・・・「お母さんに逢いたい!ひめブルースカイ王国に帰る!」

「Go!プリンセスプリキュア」・・・「大変身ロマ!アロマの執事試験!」

「魔法つかいプリキュア!」・・・「ハチャメチャ大混乱!はーちゃん七変化!」

「キラキラ☆プリキュアアラモード」・・・「愛ゆえに!怒りのキュアショコラ!」

「HUGっと!プリキュア」・・・「迷コンビ・・・?えみるとルールーのとある一日」


この回は、多くのシリーズが「母の日(5月第二日曜日)」に放送されるという事もあり、複数の作品で母の日をテーマとした話が見られます(「S☆S」、「5」、「スマイル」、「ハピネスチャージ」)。


続いて、「S☆S」の第15話の印象に残った背景を紹介させていただきます。

第15話は、こちらの背景となります。



こちらは、「咲」と「沙織」さんの回想シーンとなっています。
最終回(第49話)の特殊エンディングにも使われた「S☆S」屈指の名シーンです(正確にはこの直後のシーン)。
先にも紹介させていただいた通り、『母の日』に合わせた物語となっています。

注目すべきは何と言っても、「S☆S」の代名詞の一つ『夕焼け』のシーンでしょう。
これまででの回でも夕焼けのシーンは出てきましたが、この回は舞台が砂浜という事もあって、至ってシンプルな構図となっています。
しかし、シンプルという事は誤魔化しが効かないとも言えます。
戦闘シーンであればキャラクターの動きに目が行く為、背景はそれ程注視されませんが、こういう動きが少ないシーンだと否応なしに注目される事になります。
そういう意味でも注目なシーンなのです。

また、このシーンの直後にある咲と沙織さんのシーンも、このシーンがあった事で更に活きる事になります。
絵柄的にはこちらのシーンの方がインパクトありますが、そちらのシーンでの沙織役を務められた「土井美加」さんの演技がまた素晴らしいのです。
娘の成長への嬉しさと、娘が大人になっていく(離れていく)淋しさ、その相反する二つの想いを一つのセリフで見事に表現されているのです。


では最後に、そのシーンでの沙織さんのセリフで締めたいと思います。

沙織「もうお母さんと変わらないね・・・」(第15話より)



「ってな感じで♪」、いつもお気に入り登録ありがとうございます。

今日は昨日の出張の疲れもあって、ほぼ一日爆睡してました・・・。
それ以外の時間は溜まっていた録画番組を見たり、ご飯食べたりと、一日外に出ずに過ごしました。
本当でしたら明日は週で最も忙しい火曜日ですので、明日の日記の準備をしておかないといけないのですが、一日グータラ過ごしてしまうと、なかなかそういう気になれず・・・。
う~ん・・・。

チョッピ「空の泉は、自然が豊かチョピ。緑の郷と同じ位、とってもきれいチョピ~!」(第23話より)

2018年05月13日 23時59分

最も人気がある企画(?)「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告です
今日は名古屋へ日帰りの出張だった為、恒例の穴埋め企画「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告を早速復活させていただきます。
4月のアクセス数ナンバー1企画ですので、もう『穴埋め企画』は外してもいいかも知れませんが・・・。
しかし・・・。


う~ん・・・、書く事がないです・・・。
先日「スイートプリキュア♪」の「プリキュアチャレンジ」は始まったものの、自分がプレイしているイベントは「スマイルプリキュア!」のイベント「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」だけですので・・・。

「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」では、自分が持っていない赤属性の★4カードを手に入れる為、「あかね」のカードがドロップする「ステージ2」を一日3回やっています(宝石を砕くまではせず)。


今日の時点で、必殺技レベルが3まで上がってます。

期間中に必殺技レベルをマックスにするには、やはり宝石を砕いてチャレンジ回数を回復させないと無理ですね・・・。
まあ、あかねにはそれほど思い入れがある訳ではないので、イベント期間中は宝石を砕かない範囲で頑張ろうと思います。


続いては「プリキュアチャレンジ」です。
「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」の「プリキュアチャレンジ」は終わりましたので、次は「S☆S」以外のプリキュアのプリキュアチャレンジですが、今は仕事が忙しいので、使っている内に徐々に条件を達成すればと思っています。


先日も何気に「こまち」と「やよい」のチャレンジをクリアしてました。

勿論、狙ってクリアしなくてはならないチャレンジもありますが、それは仕事が落ち着いてから追々・・・。
その中でも優先順位としては、「S☆S」の変身カードのピンクとホワイト、イベントカードとは言え必殺技レベルマックスのカードを持っているブルー、それ以外の属性が最優先ですね。
自分が好きなプリキュアベスト3に入っているこまちは兎も角、やよいには思い入れがないのですが、中の人が同郷という事で・・・。


最後はいつも書く事がないと終わっているガチャですが、今回はこれまでの反動からか二日連続で★4カードをゲットしました。


ほのか「科学部の研究課題、何がいいかしら・・・?」


アコ「ピーちゃん、このオルゴール覚えてる・・・?やっと一緒に、心から歌が歌えるね・・・」

しかし、自分にとっては微妙なカードです・・・。
何故なら、ホワイト属性には「舞」がいますし、イエロー属性も先のやよいがいますので・・・。

それにしても、「ほのか」をよく引く印象です・・・。
ほのかの★5も既に2回引いてますので・・・。
しかも、属性が舞と被っている以上、出番はなさそうですし・・・。
う~ん・・・。



「ってな感じで♪」、いつもリツイート、お気に入り登録ありがとうございます。

名古屋出張終わりました・・・。
今日は集合時間が遅かった為、帰りも時間が遅い分、ガラガラの新幹線で帰れました。
3列シートの真ん中の席に座って爆睡です。
名古屋は結構雨が降ってましたが、移動は車ですし、東京に戻ってもほぼ降ってなかったので傘は不要でしたね。
東京は朝降ってませんでしたし。
まあ何にせよ良かったです。
疲れたので寝ます・・・。
おやすみなさい。

美術部員「美翔さ~ん!部活遅れちゃうよ!早く行こ!」(第22話より)

2018年05月12日 22時22分

徐々に月頭に戻りつつある恒例の前月(4月)の反省会です・・・
今日は、徐々に月頭に戻りつつある恒例の前月(4月)の反省会を行わせていただきたいと思います・・・。


まずは、4月で最もアクセス数が多かった日と少なかった日を発表させていただきたいと思います。

一番アクセス数が多かったのは、4月27日(金)でした。
ご覧いただきありがとうございました。


この日は、「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告を行わせていただきました。

う~ん・・・(苦笑)。
自分としては仕事が忙しい日の手抜き日記なのですが、そちらの方が人気あるならもっと増やしましょうかね。
ウィンウィンの関係ですし・・・(ただネタが・・・)。

そして、一番アクセス数が悪かったのは、4月22日(日)でした・・・。
そんな中、ご覧下さった方には感謝しております・・・。


この日は、前日にお届けしました「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」のカルトクイズ「スプラッシュ☆スターdeチャンス」の解答編をお送りさせていただきました・・・。

昨日お送りしたばかりなのですが・・・。
同じ手抜き企画なのですが、ベストとワーストという面白い結果となりました・・・。


前々月(3月)と比較した4月の数値は、以下の通りです。

ユーザー数:20.33%
新規ユーザー:25.00%
セッション:8.40%
ユーザーあたりのセッション数:-9.91%
ページビュー数:7.34%
ページ/セッション:-0.98%
平均セッション時間:23.97%
直帰率:134.18%(※)

一見、好転している様に見えますが、先々月の値に戻っただけという・・・。
ある意味、低空飛行で安定してます・・・。

※.直帰率のみ、プラスの数字はマイナス評価となります。


続いては、「S☆S」ニュースです。

4月のニュースは4件と、3月に比べ数は増えたのですが、全てが「つながるぱずるん」関連のニュースでした。
その中でも注目は、勿論こちらのニュースです。



先のアクセス数の項でも書かせていただきましたが、「つながるぱずるん」様様ですね。


最後は、「OVA化貯金」です。


今回は2戦0勝2敗という結果となりました・・・。

3ヶ月で13連敗です・・・。
何故、先月は2回しか購入していないかと言いますと、理由がありまして・・・。
自分はいつも新宿駅構内にある売り場で会社帰りに購入しているのですが、その売り場の閉店時間が今までの19時から30分早まって、18時30分閉店になってしまったのです・・・。
その上、最近は残業が多く、なかなか閉店時間までに来店する事が出来ないのです・・・。
申し訳ありません。

目標金額まで、残り299,882,000円です(2018年5月12日時点)。



「ってな感じで♪」、気まずいです・・・。
「スプラッシュ☆スターdeチャンス」の解答編をお送りした翌日に、先月の「スプラッシュ☆スターdeチャンス」の解答編がワーストアクセスという事が判明するとは・・・。

先程飲み会から戻ってきました・・・。
上司が参加するという事でどうなるかと思いましたが、意外と平穏に終わりました・・・。
軽く仮眠取りたいですが、当サイトのアップが終わったら明日の出張の準備をしなくでは・・・。
しかし、睡魔に勝てるかどうか・・・。

フラッピ「ふ、フラッピには、お星様よりきれいなものが見えるラピィ・・・」
                                            (第21話より)

2018年05月11日 20時32分

第30回「スプラッシュ☆スターdeチャンス」(「美翔可南子」解答編)
今日は、昨日お届けしました「スプラッシュ☆スターdeチャンス」の解答編をお送りさせていただきます。

この企画は、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」のカルトクイズですが、現在は一人の登場人物にスポットを当てて、その登場人物に関する問題を出題させていただいております。
13回目となる今回は、「美翔可南子」に関する問題を出題させていただきました。
当サイトをご覧いただいている方には簡単過ぎたかも知れませんが、ご容赦下さい。

また、まだ問題を見られていない方は、先に昨日の日記をご覧下さい。

では、スタートです。


第30回「スプラッシュ☆スターdeチャンス」美翔可南子編


問題①
可南子の第一声は?

答え:可南子「ほんとねぇ」(第1話より)

第1話のプロローグで、5年ぶりに夕凪に帰ってきた美翔一家が乗る車の中での会話です。
「和也」の『5年前と、全然変わってないなぁ』に答える形のセリフとなっています。


問題②
可南子にとっての「春の風景」とは?

答え:古代の人の春の食生活

可南子「そうねぇ・・・。人は古来から春になると木の芽や山菜等、新鮮な食料を求めて山に入っていたの。何より栄養価が高くて」(第4話より)

和也の『カエルの産卵』や「弘一郎」の『春の星座』と比べると抽象的な印象を受けますが、可南子さんの頭の中では古代の人のその姿が浮かんでいるのだろうと想像出来ます。


問題③
可南子が沙織と再会したのは何年ぶり?

答え:5年ぶり

沙織「本当にお久しぶりですね。5年ぶりでしたっけ?」
可南子「はい。ご無沙汰しておりました。娘ともどもまた宜しくお願い致します」

                                             (第6話より)

この事から考えますと、「咲」と「舞」は違う小学校に通っていたと思われます。
自分が通った中学校も、三つの小学校の生徒が集まる中学校でしたので、咲と舞の小学校が違っても、中学校が一緒になるのは普通にあり得る事だと思いますので。


問題④
可南子のパソコンの背景に設定されている世界遺産は?

答え:ストーンヘンジ

可南子「そして、発掘の作業が終わってからが、私の本当の仕事」(第17話より)

可南子さんは、イギリスにある世界遺産「ストーンヘンジ」をパソコンの背景に設定しています。
因みに、第16話のエンドカードにも可南子さんのパソコンの画面が使われているのですが、そこでの背景は舞と「キュアイーグレット」に設定されています(後々「『S☆S』エンドカード考察」にて紹介させていただきます)。


問題⑤
可南子が子供の頃に大空の樹の下で見付けた物は何?

答え:埴輪

可南子「あの埴輪は、お母さんが子供の頃に初めて、大空の樹の下で見付けた物だって言ったわよね?」(第17話より)


可南子さんの回想に出てくる子供の頃の可南子さんは10歳という設定になっています。
主人公の両親の幼少期が描かれたのは可南子さんのみとなります。


問題⑥
満、薫の心に届いた可南子が語った仏教の教えとは?

答え:諸行無常

可南子「『形あるものはいつか壊れる』。どんなものでもいつかは壊れて、なくなってしまうって事よ。だからこそ、形ある内、生命(いのち)ある内は大切に、愛情持って扱わなくちゃいけないって事なんだけどね。ふふん・・・」(第21話より)

元々は仏教用語で、仏法の大網「三法印」の一つです。
それを分かりやすく説いたのが可南子さんのセリフです。


問題⑦
可南子の最後のセリフは?

答え:可南子「はい、私とお父さんからのプレゼント。外でスケッチする時に着て行って」(第40話より)

可南子さんの最後のセルフのシーンが、夫婦揃ってのシーンというのがとても印象的です。
因みに、弘一郎役を演じられた「入江崇史」さんは第34話でクランクアップしており、この回はセリフなしでの登場となっています。

以上となります。

如何でしたでしょうか・・・?
次回は美翔家の最後を飾る和也に関するクイズを出題させていただきたいと思います。
お楽しみに。



「ってな感じで♪」、いつもお気に入り登録ありがとうございます。

明日から怒涛の二日が始まります・・・。
明日は会社の飲み会で、明後日は恒例の名古屋出張なのです・・・(しかも、日曜日は雨・・・)。
会社の飲み会はいいのですが、問題は上司がいる事なんですよね・・・。
当初は現場の人間だけで行く予定が、いつの間にか上司も行く事になっていて・・・。
やっぱり上司がいると無礼講という訳にはいきませんしね・・・。
翌日は出張ですし、早めに帰らせてもらおうかな・・・。

舞「でもね、今から行く場所は、雨の日の方がきれいな所だから」(第20話より)

2018年05月10日 18時34分

第30回「スプラッシュ☆スターdeチャンス」(「美翔可南子」出題編)
今日は、ほぼ毎月お送りしている「スプラッシュ☆スターdeチャンス」をお送りさせていただきます。
この企画は、簡単に言いますと「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」のカルトクイズです。


これまでは作品の中からランダムで出題したり、映画から作品単位で出題させていただいてましたが、現在は登場人物に絞って出題させていただきたいと思います。
13回目となる今回は、前回の「弘一郎」に続き、「可南子」さんに関する問題を出題させていただきます。
当サイトをご覧いただいている方には簡単過ぎる問題とは思いますが、ご了承下さい。

では、問題をお送りさせていただく前に、前回のクイズをもう一度紹介させていただきます。


「スプラッシュ☆スターdeチャンス」美翔弘一郎編

問題①:弘一郎の第一声は?

問題②:弘一郎にとっての「春の風景」とは?

問題③:弘一郎が三日月湖にある施設で行った公演のタイトルは?

問題④:みのりの両親への不満に対しての弘一郎の答えは?

問題⑤:弘一郎がなってみたいと言った宇宙を漂っている物質は?

問題⑥:舞の14歳の誕生日に弘一郎がプレゼントした物は?

問題⑦:弘一郎の最後のセリフは?


以上となります。


ドロドロン「全然たいした事ないね!」(第42話より)


という事で、30回目となる「スプラッシュ☆スターdeチャンス」をお送りさせていただきます。
では、スタートです。


第30回「スプラッシュ☆スターdeチャンス」美翔可南子編


問題①
可南子の第一声は?

ヒント:「和也」のセリフに答えた形となっています。


問題②
可南子にとっての「春の風景」とは?


ヒント:和也や「弘一郎」の答えよりも抽象的です。


問題③
可南子が沙織と再会したのは何年ぶり?


ヒント:「沙織」さんとの会話の中で明らかになっています。


問題④
可南子のパソコンの背景に設定されている世界遺産は?


ヒント:第16話のエンドカードと混合しない様に・・・。


問題⑤
可南子が子供の頃に大空の樹の下で見付けた物は何?


ヒント:可南子さんが考古学を学ぶ切欠になった物です。


問題⑥
満、薫の心に届いた可南子が語った仏教の教えとは?


ヒント:元々は仏教用語ですが、可南子さんは諺として言っています。


問題⑦
可南子の最後のセリフは?


ヒント:最後のセリフは、弘一郎とツーショットでのセリフとなっています。


以上となります。

如何でしたでしょうか・・・?
当サイトをご覧の方には簡単過ぎるとは思いますが、一応明日の日記で解答編を行わせていただきます。



「ってな感じで♪」、いつもお気に入り登録ありがとうございます。

今週末はハードになりそうです・・・。
今日は月で最も忙しい木曜日で、週末の日曜日は名古屋出張なのですが、その前日に会社の飲み会が入ってしまいました・・・。
ですので、今日帰ったらバタンキューで寝たかったのですが、週末に予定していた洗濯を先に済ませました・・・。
当サイトのアップが終わった後も、在宅の仕事とその間に週末の当サイトのネタの整理もしておかないと・・・。
時間が全く足りませんので、「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポートの再開は来週になりそうです・・・。
申し訳ありません。

玲子「ちょっと、来てくれない?」(第19話より)

2018年05月09日 22時56分

早くも戻ってきた「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告です・・・
今日は仕事のトラブルで帰宅がこの時間になり、明日も休日出勤になった為、先日『しばらくないかも・・・』と言っていた穴埋め企画「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告を早速復活させていただきます・・・。
まあ、こうなる予感はありましたけどね・・・。


「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」の「プリキュアチャレンジ」も達成し、そのカードの強さも相まって、現在開催中の「スマイルプリキュア!」のイベント「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」も、「咲」のカードでごり押ししている状況です・・・。
正直、復刻イベントという事もあってか、これまでのイベントよりは難易度が低いので、スピードクリアなら「舞」の方がいいのかも知れませんが・・・。

その一方、変身カードがあまりにも強い為、他のカードを育成する気になれず・・・。
デイリーミッション用に一回だけトレーニングステージをクリアする時に、得意属性のカードを使うくらいしかなくなってるのが現状です・・・。
まあ、「S☆S」ファンの自分としては、それが一番正しい姿勢なのかも知れませんが、「つながるぱずるん」というゲームを楽しむ上では如何なものかとも思ってます・・・。

ただ、現在は仕事に追われている状況で、「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」も自分が持っていない★4赤属性の「あかね」がドロップする「ステージ2」とデイリーミッションをクリアするのがやっとです・・・。
ハートも溢れている状況が続いてます・・・。
そんな中、サクッと上記のノルマがクリア出来るのも変身カードのお陰なんですよね・・・。
仕事が落ち着くまでは、もうしばらく変身カードのお世話になると思います・・・。


そして、遂に「スイートプリキュア♪」のプリキュアチャレンジが予告されましたね。
「S☆S」のパターンから見ましても、明日からのスタートが濃厚ではないでしょうか。


自分は青属性のカードを持っていなかったので、「スイート」のイベントで手に入れた「エレン」のカードがあります。

宝石を砕いてまで必殺技レベルを10にした思い入れのあるカードであり、必殺技レベル10のカードという事もあって、自分が持つガチャ産の必殺技レベル1のカードよりも強いです(その他の「スイート」のカードはほぼ放置・・・)。
ですので、これを機にエレンはプリキュアチャレンジやってみようかとも思ってます・・・。
まあ、まずは仕事が落ち着くのが先ですが・・・。


最後はガチャですが、これは本当に書く事がない程の低級飛行です・・・。
デイリーミッションのクリア目的で一日一回やってますが、最近は★3すら見てない気がします・・・。



「ってな感じで♪」、いつもお気に入り登録ありがとうございます。

今日も仕事が大変でした・・・。
新しいプロジェクトが始まって、新人と自分以外は全員がピリピリした状態で・・・。
自分も体調がイマイチな事もあってか、気疲れなのか疲れが酷いです・・・。
自分の職場は自分以外高学歴(大学院卒以上)の人の集まりですので、プライドが高い人が多いんですよね・・・。
普段温厚の人でも突然子供みたいにキレたりと、自分は保育士か・・・と思う時も多々あります・・・。
今日も仕事(ハード)とは違う仕事(ソフト)で残業した様なもんですし・・・。
明日は休日出勤なので自分だけの出勤で気が楽ですが・・・。

お客「どうもありがと」(第18話より)

2018年05月08日 21時09分

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」二部(夜の部)レポート⑥
今日は、2017年12月10日(日)開催されました「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポート⑥をお送りさせていただきます。
レポート⑤につきましては、5月5日の日記をご覧下さい。

レポート①:2018年4月19日
レポート②:2018年4月28日
レポート③:2018年4月29日
レポート④:2018年5月2日
レポート⑤:2018年5月5日

また、レポートの中に書かせていただいている出演者のコメントにつきましては、自分の聞き違いやニュアンスの取り違いの可能性もあります。
もし、大きな間違いがありましたら、ご一報いただけると助かります。
宜しくお願いします。

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」

開催日:2017年12月10日(日)
開催時間:一部13:00開場13:30開演/二部18:00開場18:30開演
会場:「初台DOORS」
出演:「うちやえゆか」「榎本温子」「樹元オリエ」「五條真由美」

では、スタートです。


伊福部さん「本当にでも良かったです。2曲でやえさん帰っちゃうんじゃないかと思って。本当にね、あんなに『今来たばっかり』と思った事ないです」

登場早々うちやえさんのオープニングでの挨拶にツッコミを入れる伊福部さんでした。

伊福部さん「さあそういう訳でですね、ここではですね、今回アルバム、そしてライブ、ここまで辿り着いた訳ですから、これについてのお話をしていきたいと思うんですけども、お昼の部で言うの忘れちゃったんで改めて言わせていただきますが、10周年おめでとうございます」

伊福部さんの祝福の言葉に観客席からも拍手が沸き起こりました。
そして伊福部さんとテウチメンバーから、テウチライブのタイトルの誕生秘話が語られました。

伊福部さん「始めの時はね、10年続くとは思ってなかったですからね」
榎本さん「適当な感じで頼んじゃったからね・・・(笑)」
伊福部さん「そうよ。だって、『ライブタイトル付けて~』って言われて」
榎本さん「そう」
伊福部さん「『じゃあ手打ちでやるんだったらテウチライブどう?』って」
榎本さん「対外的に分かりやすいし」
伊福部さん「まさかそんな10年使われると思うと、もうちょっとちゃんと考えてればって思いましたけどね・・・」
五條さん「確かに・・・。1、2回・・・、1回出来たらいいやって感じが最初あったしね。1回やってみたら意外と皆さんも来てくれたし、反応も良かったから、じゃあ次もやろうみたいな」
うちやえさん「自分達が楽しいしね」



ここから、質問形式のトークコーナーに移りました。

Q1.この10年で一番思い出深い事は?

テウチメンバー「・・・」
伊福部さん「ないの!?全然ないの、10年やってきて!?あるでしょ、そりゃ!」


テウチメンバーの無回答に伊福部さん半切れでした・・・(笑)。

まずは榎本さんです。

榎本さん「私は、プリキュアの曲メインで歌ってたんだけど、『オリジナル(曲)でも作ろうよ。作れる人いるんだから』って言って、何となく曲を増やしていったじゃん。それで毎回『今回どんなテーマにする?』とか言いながら新曲のテーマとかやるんだけど、オリエちゃんの何人目かの妊娠の時に作った曲が『Life goes on!』だったのね。それで人生は続いて行くんだなと・・・(笑)。それが凄く印象的」

この「テウチライブ」定番の樹元さんの妊娠ネタを切欠に、話題はどんどん本題から外れて行きました。

伊福部さん「確かにテウチって言うと、ここにイスがあると『あ、今回もか』」
樹元さん「10周年って言われて、『今回も妊娠しなきゃいけないんだ・・・』みたいな・・・」
榎本さん「だけど、オリエちゃん10年中、何年妊娠してた?3年・・・?3年か・・・」
樹元さん「でも、30(歳)から35(歳)にかけて、ずーっと(笑)」


今回の物販で販売されていたアクリルキーホルダーにデザインされていた樹元さんのイラストは、妊婦時の樹元さんがモチーフになっている事も明かされました。

伊福部さん「妊婦をモチーフにした・・・。なかなかないでしょうね、世の中でもね」

ここで再び本題へと戻ります。
続いては五條さんです。

五條さん「私もオリジナルの曲を作らせてもらって。私、詞曲ちゃんと一曲出来上がったのはテウチが初めてなので。だから、テウチがなかったら、きっとやろうとも思ってなかったんだろうと思うし。歌詞は書けたんですけど、曲は・・・。人の為に書く方が書きやすくて、四人でこういう事がやりたいなとか、こういう歌を歌ってみないなっていう方がやりやすくて。イメージが沸くと言うか。で、『Icecream』とか『Again』とか全く違うカラーの曲を作ってみたんですけど・・・(笑)。そういうのが凄く有り難かったなと思います」


今日は、ここまでとさせていただきます。
レポートの続きは近日中にアップさせていただく予定です。



「ってな感じで♪」、今日は仕事が忙しかったのと寒さで先程から咳が・・・。
前に風邪を引いたのも季節の変わり目の寒暖の差と仕事の忙しさだった様な・・・。
木曜日は休みになりそうですが、日曜日は名古屋出張ですし・・・。
そう言えば、麻疹が流行してますね。
しかも、本州では東京と愛知が多い様で・・・。
自分は住んでるのが東京で、今週末は愛知です・・・。
親に聞いてみましたら風疹になったのは覚えているそうですが、麻疹になったかは覚えていないと言われました。
自腹で予防接種は懐に響くので、会社で負担してもらえるかダメ元で聞いてみようかな・・・。
自分の会社は仕事の関係上、インフルエンザの予防接種は無料ですので。

岡井先生「日向さん、それはどういう意味・・・?」(第17話より)

2018年05月07日 21時10分

月曜日恒例「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」(第14話)
今日は、月曜日恒例企画「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」をお送りさせていただきます。

今シリーズは背景に注目させていただいております。
今回は、第14話となります。

では早速、各作品の第14話タイトルを並べてみます。


「ふたりはプリキュア」・・・「ウソホント!?ニセプリキュア大暴れ」

「ふたりはプリキュア マックスハート」・・・「藤P先輩ガンバ!なぎさ気合の応援旗」

「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」・・・「謎の転校生!満と薫がやってきた」

「Yes!プリキュア5」・・・「悩める生徒会長かれん」

「Yes!プリキュア5 GoGo!」・・・「ミルキィローズの秘密!」

「フレッシュプリキュア!」・・・「4人目のプリキュア!?アカルンを探せ!!」

「ハートキャッチプリキュア!」・・・「涙の母の日!家族の笑顔守ります!!」

「スイートプリキュア♪」・・・「アワワワ~!ミューズ対ミューズ、本物はどっちニャ♪」

「スマイルプリキュア!」・・・「修学旅行!大阪で迷子になちゃった!?」

「ドキドキ!プリキュア」・・・「夢か約束か!六花おおいに悩む!」

「ハピネスチャージプリキュア!」・・・「ヒーロー登場!あいつはいかしたすごいやつ!!」

「Go!プリンセスプリキュア」・・・「大好きのカタチ!春野ファミリーの夢!」

「魔法つかいプリキュア!」・・・「みんな花マル!テスト大作戦!」

「キラキラ☆プリキュアアラモード」・・・「お嬢さまロックンロール!」

「HUGっと!プリキュア」・・・「はぎゅ~!赤ちゃんスマイルめいっぱい!」


偽者のプリキュアという点では「無印」と「スイート」、悩みという点では「5」と「ドキドキ」、夢という点では「ドキドキ」と「Go!プリ」が共通しています。
また、次話の第15話が「母の日」をテーマにしている作品が多い中、放送日の都合により、「ハートキャッチ」と「ドキドキ」は、この回が母の日をテーマとした回となっています。


続いて、「S☆S」の第14話の印象に残った背景を紹介させていただきます。

第14話は、こちらの背景となります。


篠原「二人とも、昨日この町に来たばかりで、分からない事が多いと思う。みんな、色々と教えてあげるんだよ」(第14話より)

こちらは「満」と「薫」が転校してきた際の2年B組の鳥瞰図です。
実は、このシーンは「S☆S」全49話の中でも貴重なシーンとなっています。
それは、2年B組の生徒全員が一画面に描かれている事です。

当サイトでは以前2年B組の座席表を作った事があります。
「ふたりはプリキュア Splash☆Star MEMORY BOOK」をご覧になられた方はご存知と思いますが、実は2年B組の生徒の内、キャラクターが設定されているのは名前が設定されてある生徒を含め、クラスの約2/3しかいないのです・・・。
つまり、このクラスの約1/3の生徒は設定すら存在していないのです・・・。

しかし、2年B組の生徒が全員揃っているシーンがないのかと言うと、ない訳ではありません・・・。
それは、「ふたりはプリキュア スプラッシュスター マジッドキッシアター」にあります。
この作品の「咲」の回想の中に「篠原」先生と2年B組の生徒全員が登場していると思われるシーンがあります(満と薫が転校してくる前の設定の為、二人は登場せず)。
ですが、そのシーンにも問題があるのです・・・。

先のカットを見ていただくと分かるのですが、2年B組の生徒は満と薫を除いて28名、男子生徒13名、女子生徒15名です。
しかし、「マジッドキッシアター」に登場している生徒の数は29名で、男女比も男子生徒16名、女子生徒13名と全く異なっているのです・・・。
多分「マジッドキッシアター」は、「S☆S」本編とほぼ同時期に制作が始まった為、まだクラスの設定が固まっていない中、クラスメートを出したからではないかと思われます・・・。

話が逸れてしまいましたが、それだけ2年B組の生徒全員が登場しているシーンは貴重なのです。
勿論、本編内に多々登場する咲や「舞」の席の周りはちゃんと設定されているのですが、それ以外の名前の設定されていないクラスメートは、言い方は悪いですが結構適当な描かれ方をされています・・・。
まあ、そんな所を突く人(サイト)がいるとは制作スタッフも思っていなかったと思いますので・・・。


では最後に、「S☆S」「DVD-BOX vol.2」の映像特典「咲と舞にまっかせなさ~い☆」の中で「榎本温子」さんがツッコミを入れていた「ドロドロン」のセリフで締めたいと思います。

ドロドロン「ふたりはプリキュア?」(第14話より)



「ってな感じで♪」、今日からいつもの日々が始まりましたね・・・。
カレンダーを見ても次の祝日は7月16日という絶望感しかありませんでした・・・。
まあ、その前に1ヶ月近く溜まっている代休の消化が急務ですが、新しいプロジェクトも始まり、なかなかそういう雰囲気ではないんですよね・・・。
早速、今週末は定例の名古屋出張ですし・・・。
ただ、現時点ではまだ休みが取りやすくて、月曜日に代休が取れるのが幸いですが・・・。

健吾「そりゃ、健太に頼むしかねだろうぉ・・・」(第16話より)

2018年05月06日 21時05分

第12回「『S☆S』エンドカード考察」(第12話)
今日は、12回目となる「『S☆S』エンドカード考察」をお送りさせていただきます。
この企画は、再放送やDVDでは見られない「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」のエンドカードを見ていこうという企画です。


12回目となる今回は、第12話「チョッピはチョピっとホームシック?」の放送後に流れたエンドカードを紹介させていただきます。


こちらが第12話の放送後に流れたエンドカードです。


「モエルンバ」がエンドカードのメインを張るは、第7話に続き今回が2回目となります。
しかも、前回のエンドカードでは「咲」、「舞」も少しだけ出ていましたが、今回はモエルンバオンリーとなっています(「カレっち」・・・)。

今回のエンドカードは、前話の第11話と逆パターンとなっています。
前回の第11話のエンドカードには第12話本編のカットが使用されていましたが、今回の第12話のエンドカードには第11話本編のカットが使用されているのです。

このエンドカードに使用されているのは、第11話Bパートの中盤のカットです。
モエルンバは捕えた「フラッピ」と「チョッピ」を海に放り投げるのですが、咲はモエルンバを無視してフラッピとチョッピを救いに海へ飛び込みます。

モエルンバ「倒す・・・。・・・あれ?」(第11話より)

こちらのカットをベースにして、口元を笑顔に修正しています。

今回注目したいのが、モエルンバの手に書かれた『See you next week』の文字です。
これまでのエンドカードにも使われている『またみてね』の英語表記なのですが、実は「S☆S」のエンドカードに『See you next week』が登場するのは、この回が初めてとなります。
以降のエンドカードでは『またみてね』の代わりに使われる事になりますが、この回は初登場という事もあってか、『またみてね』と並列表記されています。
『またみてね』と『See you next week』が並列表記されているのは、このエンドカードのみとなります。

また、その『またみてね』自体も、モエルンバに合わせたかの様な書き下ろしのデザインとなっています。
扇状にデザインされた公式サイトのアドレスも、モエルンバのポーズに合わせてありますし、モエルンバファンにとっては最高のエンドカードではないかと思います。


以上となります。

次の回では、第13話「熱すぎ!モエルンバダンス!」の放送後に使用されたエンドカードを紹介させていただきます。
お楽しみに。



「ってな感じで♪」、今日は久々に通常の「S☆S」ネタをお送りさせていただきました。
因みに、前回の「『S☆S』エンドカード考察」は1月20日でしたので、3ヶ月半ぶりとなります・・・。
当サイトが毎日更新を続けられる6月までに、「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)と「『プリキュア』シリーズ15周年記念イベント“『プリキュア』感謝祭上映会 vol.1”」のレポートを終わらせたいのですが、このペースなら両方6月中に終わらせる事が出来そうですし・・・。
逆に、7月になったらこういうネタの方がお送りしづらくなると思いますので・・・。
明日から仕事頑張りましょう・・・。

黒潮中のピッチャー「「「「ふふん・・・!」」」」(第15話より)

2018年05月05日 19時47分

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」二部(夜の部)レポート⑤
今日は、2017年12月10日(日)開催されました「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポート⑤をお送りさせていただきます。
レポート④につきましては、5月2日の日記をご覧下さい。

レポート①:2018年4月19日
レポート②:2018年4月28日
レポート③:2018年4月29日
レポート④:2018年5月2日

また、レポートの中に書かせていただいている出演者のコメントにつきましては、自分の聞き違いやニュアンスの取り違いの可能性もあります。
もし、大きな間違いがありましたら、ご一報いただけると助かります。
宜しくお願いします。

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」

開催日:2017年12月10日(日)
開催時間:一部13:00開場13:30開演/二部18:00開場18:30開演
会場:「初台DOORS」
出演:「うちやえゆか」「榎本温子」「樹元オリエ」「五條真由美」

では、スタートです。


五條さん「続いてのソロは、あっちゃんですね」
榎本さん「は~い」


五條さんの声を合図に榎本さんがステージに登場されました。
五條さんは榎本さんと少しだけMCをされた後、観客の拍手に送られながらステージを下りられました。

ここで榎本さんは、今回「10⁺α」に収録されている「Start up wonder」の作詞を担当された作詞界の巨匠「松井五郎」さんのエピソードを披露されました。

榎本さん「今日ね、お花もいただいちゃって、メールしないとと思ってるんですけど・・・(笑)。大巨匠の方なんですが、凄く『Be My Angel』をご本人も気に入って下さってて、『僕はアニメのフォルダーの一番上は「Be My Angel」だからね』って言ってくれるですよ(笑)。本当にお優しい方で、今回曲を作ってもらいました」

榎本さんが歌われた7曲目は、その「Start up wonder」です。
作詞を巨匠松井さん、作曲を「テウチライブ」初期のドラム担当であり、数多くのプリキュアソングの編曲を務められた「大石憲一郎」さんが担当されています。

実は、こちらの曲には『Wonder girl』という歌詞があるのですが、榎本さんがその部分を歌う際には、会場に来場されている女性の観客を探して指を指すシーンが見られました。
「テウチライブ」は男性の観客が圧倒的に多いですが、こういうちょっとお得な(?)演出も時々見られます。

榎本さん「ありがとうございます!女の子探すのめっちゃ楽しい、これ!いや、ボーイも思ってるよ。ボーイも思ってるけど、その中からガール探すのが凄く楽しくて。ありがとうございます!定番になりそうです」


榎本さん「さあ、メンバー呼びたいと思います!宜しくお願いしま~す」

ここで再びテウチメンバー全員がステージに揃いました。

榎本さん「これも、ライブだけで披露してたんですけども、今回アルバムに収録されたという事で」
五條さん「はい、そうなんです。私が作詞作曲した楽しい曲になります」
樹元さん「振り付けまで全部ね」
うちやえさん「そうそう、そうだった・・・」


テウチメンバー4人で歌われた8曲目は、こちらもライブアルバム「10⁺α」に収録されている「Icecream」です。
作詞作曲を五條さん、編曲を大石さんが担当されています。

こちらの曲では、先に樹元さんが言われた様に五條さんが振り付したダンスがあるのですが、その際にうちやえさんと榎本さん、樹元さんと五條さんがコンビになる部分があるのです。
その時にうちやえさんとコンビを組んでる榎本さんがうちやえさんの振り付けを見ていつも笑ってる(笑いをこらえてる)のがとても印象的です。

五條さん「ありがとうございました~」

ここで五條さんの口から「Icecream」の振り付けの誕生秘話が語られました。

五條さん「『Icecream』初めて作った時は、振りがある感じのピコピコした曲が作りたいと思って。そんでやえさんと振りを詰めたんだよね、カラオケボックスで」
樹元さん「カラオケボックスで(笑)」
うちやえさん「そう、そうだった・・・」
五條さん「全体決めて、これどうしよう・・・みたいな」
うちやえさん「そう。動画も残ってるもんね。二人で撮ったやつ」
樹元さん「未だにそれ見てね、こうだったねって言って」
榎本さん「バンドさん、一回お休み」



ここでバンドメンバーは一旦休憩に入られました。
観客の拍手に送られてバンドメンバーはステージを下りられました。
バンドメンバーがステージを下りられたという事は・・・。

榎本さん「今回のアルバム、本当にベストアルバムみたいな感じですよね・・・。待って・・・!早く伊福部さん呼ばないと怒られる・・・。伊福部さんお願いします!」
伊福部さん「はーい・・・」
うちやえさん「べっちーっ!」


「テウチライブ」のトークコーナーと言えばこの方、「伊福部崇」さんがステージに登場されました。
勿論、今回も「テウチライブ」定番となっているトークコーナーでの伊福部さんの立ち位置のやり取りがいつも通り行われました・・・(伊福部さんはうちやえさんから一番遠い位置を希望)。

伊福部さん「ここで大丈夫です。ここで大丈夫です」


今日は、ここまでとさせていただきます。
レポートの続きは近日中にアップさせていただく予定です。



「ってな感じで♪」、いつもお気に入り登録ありがとうございます。

う~ん・・・。
昨日の日記の中に書かせていただいた「プリキュア つながるぱずるん」の「スマイルプリキュア!」のイベント「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」ですが、思ってた以上に★4「あかね」のドロップ率が悪いです・・・。
★3の方は結構出るんですけどね・・・。
やはり、「咲」や「エレン」の様に★4イベントカードの必殺技をマックスにしようと思ったら、宝石を砕いてチャレンジ回数を回復させないと無理ですね・・・。
ただ、今回のイベントも復刻と思われますので、今の期間中には無理でも後々またチャンスはありそうですが・・・。

K子「ねえねえ、霧生さんは何処に住んでたの?今、何処に住んでるの?」
                                            (第14話より)

2018年05月04日 22時49分

「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告は暫く開くかもです・・・
今日も穴埋め企画「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告を行わせていただきます・・・。
ただ、タイトルにも書かせていただきましたが、この近況報告も暫く開くかもです・・・。
何故なら・・・。


「咲」に続き、「舞」の「プリキュアチャレンジ」が終了したからです。


舞「ブルームやみんなに支えられて、今の私がいる・・・。みんなの思いやりや優しさに、応えてみせる!」「つながるぱずるん」より)

使用感から言いますと、個人的には『咲>舞』だと思います。
それは必殺技の追加効果にあります。
咲の追加効果は『あたえたダメ―時に応じてHPをかいふくする』です。
一方の舞は『あたえるダメージをアップする』です。
変身カードの必殺技は通常のカードより重く、発動させるまでかなりのHPを消費してしまいます。
故に、発動時にHPが回復出来る咲の方が助かる場面は多いと思うのです。
勿論、パートナーによっては舞の方が活きる場合もあると思いますが、安定感は咲の方が上だと思います。

それにしても変身カードは強いですね・・・。
ステージの『おすすめカラー』を無視してごり押し出来ますので・・・。
それではゲームの面白みに欠けてしまうと思うのですが、それまで苦戦していたステージを楽々クリア出来るのも爽快ですし・・・。
うーん・・・。


そして、舞を手に入れるのに貢献してくれた「消えた新入生!?桜のミステリー!」が本日のメンテで終了しました・・・。

無事、咲のイベントカードをレベルマックスにする事が出来ましたし、宝石、コイン、ケーキも売り切れになるまでゲット出来ました。
他のプリキュアのイベントカードを全スルーしたのは致し方ないですが、満足な結果です。


続いては、現在開催中の「スマイルプリキュア!」のイベント「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」です。

こちらもステージ自体は全てクリアしました。
ただ、問題は各ラストステージでドロップされるイベントカードです・・・。
このイベントの『その2』のラストステージでは自分が持っていない赤属性の「あかね」の★4カードが手に入るんですよね・・・。
しかし、問題があるのです・・・。

それはあかねの必殺技をレベルマックスにするか否かです・・・。
以前「スイートプリキュア♪」のイベントでは、持っていなかった青属性の★4「エレン」を手に入れる為、宝石を砕いてエレンのカードが手に入るステージを繰り返しクリアしていました・・・。
ですが、咲、舞の変身カードを得た今、宝石を砕いてまであかねの必殺技をレベルマックスにする必要があるのかと・・・。
それくらい変身カードの威力は絶大ですので・・・。
しかも、チャレンジ回数3回分回復させる為には、貴重な宝石20個も消費しますので・・・。

後は、エレンほどあかねに思い入れがないというのもネックになってます・・・。
赤属性のプリキュアなら、個人的には『りん=亜久里>他のプリキュア』ですので・・・。
ガチャで「りん」や「亜久里」の★4カードを引いたら、そっちに乗り換えそうですし・・・。
それに、以前「Hさん」も宝石を砕いてまでイベントカードの必殺技をレベルマックスにする必要はないと言ってましたし・・・。
うーん・・・。


最後は「ガシャるん」です。

★1、★2ばかりの平常運転です・・・。
ただ、「つながるぱずるん」のガチャの良い所は、レベルがマックスになったカードは排出されない事です(合ってます・・・?)。
まあ、自分は「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」のピックアップガチャの時以外は「デイリーミッション」用に一日一回回すだけですので、そのペース以上で新しいカードが追加されれば意味ないんですけどね・・・。



「ってな感じで♪」、皆さんゴールデンウィークはどうお過ごしでしょうか?
自分は折角の休みという事でプチ断食(一日だけ断食)に挑戦中です・・・。
ただ、外出せずに寝てるだけですので、お腹もあまり減らないですし、効果のほどは微妙ですが・・・。
飲み物は問題ないみたいですし、炭酸水を飲んでいれば空腹感は紛れますしね。
飲み物が大丈夫ならある程度は続けられそうですが、翌日に通常の倍くらい食べてしまいそうなのが不安です・・・。

明日香「それからすっかりこの世界にのめり込んじゃって、今はリサイクルの仕事をこなしながら、開いてる時間に、自分のやりたい作品を作り続けてるって訳」
                                            (第13話より)

2018年05月03日 22時47分

一日遅れですが「佐藤直紀」さん、誕生日おめでとうございます
5月2日は、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」の音楽を担当された「佐藤直紀」さんの誕生日です。
おめでとうございます。


「映画ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター チクタク危機一髪!」の音楽も、佐藤さんが担当されています。
また、「S☆S」以外にも、「ふたりはプリキュア」を始めとする所謂「鷲尾プリキュア」の音楽を5年間担当されています。

佐藤さんが、「S☆S」関連で担当された曲が収録されているサウンドトラックは、以下の3点となります。

「ふたりはプリキュアSplashStar サウンドトラック1 プリキュア・サウンド・シャワー!」
「ふたりはプリキュアSplashStar オリジナル・サウンドトラック2 プリキュア・サウンド・スプラッシュ!」
「映画ふたりはプリキュアSplashStar~チクタク危機一髪!~オリジナル・サウンドトラック」


毎年、佐藤さんの誕生日には、自分が印象に残っている曲を2曲ずつ紹介させていただいております。

2013年:「プリキュア スプラッシュ☆スターのテーマ」、「潮騒の記憶」
2014年:「激闘!プリキュアVSダークフォール」、「プリキュア・スパイラルスター・スプラッシュ!」
2015年:「スパイラルリング装着」、「時をこの手に」
2016年:「プリキュアの使命~湧き上がる闘志」、「風よ!光よ!」
2017年:「プリキュア・スパイラルハート・スプラッシュ!」、「二人になれば」

今年も例年通り、その曲が本編で使用された印象的なシーンと合わせて、紹介させていただきたいと思います。


1曲目は、「チクタク危機一髪!~オリジナル・サウンドトラック」に収録されています「アワーズ&ミニッツ登場~時計の郷へ」です。
「チクタク危機一髪!」で「アワーズ」と「ミニッツ」が初めて登場したシーンに流れる曲です。
「チクタク危機一髪!」と言えば、こちらの曲を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
ここから物語が大きく動き始めますので・・・。

アワーズ「いててて・・・。おい、大丈夫か!?」
ミニッツ「うん・・・、あーびっくりした」
「チクタク危機一髪!」より)

実はこの曲はアップテンポのパートとスローテンポのパートに分かれているのです。
多分、アワーズ、ミニッツの設定を佐藤さんが意識されて作曲されたのではないかと思うのです・・・。
曲の序盤はアップテンポですのでアワーズ、その後に切り替わるスローテンポなパートはミニッツを意識されている様に自分には聴こえます・・・。
皆さんはどう感じられますか?


2曲目は、「S☆S」関連のサウンドトラックに収録されていない曲を紹介させていただきます・・・。
当サイトは「S☆S」応援サイトですので、基本的に「S☆S」関連以外は扱わない様にしています・・・。
その当サイトが「S☆S」のサウンドトラックに収録されていない曲を紹介させていただくのには、勿論理由があります。
曲名を出せばピンと来られる方もいらっしゃると思います・・・。
それは「三人の絆」です。

こちらの曲は、「ふたりはプリキュア マックスハート オリジナル・サウンドトラック プリキュアサウンドスクリュー!MAX!!Spark!!」に収録されている曲です。
何故こちらの曲を紹介させていただいたかと言いますと、実はこの曲が「S☆S」本編で流れているからです。
それが第42話「お帰りなさい!満と薫!!」です。
この回の終盤で復活を果たした「満」と「薫」が反転攻勢に移ったシーンで流れています。

カレハーン「馬鹿なッ・・・!?何故俺の力が通用しないッ!」
ドロドロン「そうだよぉ・・・。プリキュアの力は消せるのにぃ・・・!」
(第42話より)

元々は、「なぎさ」、「ほのか」、「ひかり」の三人の絆をイメージして作られた曲と思われ、「ふたりはプリキュア マックスハート」の最終話等、重要なシーンで使用されていました。
それを「S☆S」で使ったという事は、このシーンが「マックスハート」のそれらのシーンに匹敵する絆を描いたシーンだったからではないかと思うのです。


では最後に、「チクタク危機一髪!」について語られた佐藤さんのコメントで締めたいと思います。

佐藤さん「今回の映画では変身シーンや必殺技などテレビでおなじみのシーンの音楽は、テレビシリーズの音楽から選曲して使っています。ですから、新しく作る曲はこの映画ではじめて登場するキャラクターの曲が中心になりました」
                 (「チクタク危機一髪!~オリジナル・サウンドトラック」より)



「ってな感じで♪」、またやってしまいました・・・。
佐藤さんに申し訳ないです。
申し訳ないと言いながら何ですが、今日は上司と休日出勤で、重要な仕事がありましたし、早く「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部のレポートを進めねばという思いばかりが先行していた様です・・・。
特に月の切り替わりや仕事に追われている時に、こういうミスが多いんですよね・・・。
当サイトの毎日更新も後2ヶ月を切りましたので、集中してやらないと・・・。

美術部員「うわ~、苦手かも」(第12話より)

2018年05月02日 21時31分

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」二部(夜の部)レポート③
今日は、2017年12月10日(日)開催されました「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10+α~」の二部(夜の部)レポート④をお送りさせていただきます。
レポート③につきましては、4月29日の日記をご覧下さい。

レポート①:2018年4月19日
レポート②:2018年4月28日
レポート③:2018年4月29日

また、レポートの中に書かせていただいている出演者のコメントにつきましては、自分の聞き違いやニュアンスの取り違いの可能性もあります。
もし、大きな間違いがありましたら、ご一報いただけると助かります。
宜しくお願いします。

「よにんでSUPER TEUCHI 10th LIVE!~10⁺α~」

開催日:2017年12月10日(日)
開催時間:一部13:00開場13:30開演/二部18:00開場18:30開演
会場:「初台DOORS」
出演:「うちやえゆか」「榎本温子」「樹元オリエ」「五條真由美」

では、スタートです。


樹元さん「じゃあ、さてみんなを呼んでみようかな。みんなー、来て~(笑)」

一部の序盤ではテウチメンバーのソロが続きましたので、この後は榎本さん、五條さんのソロが続くと思いきや、うちやえさん、樹元さんのソロが終わった後にテウチメンバー全員が再びステージに揃う事になりました。

五條さん「オリエちゃん、可愛かったよ~」
榎本さん「可愛い。最高。俺の嫁、可愛い」
樹元さん「まいこにもね、歌唱指導お願いしてたんだ。リハの時に。この辺が上手く切れないんだけどとか(笑)。そう教えてくれました」


ここで「微笑みの花束」を作曲された中畑さんから少しだけ制作に関するコメントが出ました。

榎本さん「今回オリエちゃんの曲は、ギターのジョージ(中畑さん)が作ってくれました!制作如何でしたか?」
中畑さん「楽しかったです。スタジオでね、色々出来たんで、本当楽しかったです」
榎本さん「私たちがね、コーラスを2番で入れたりとかしましたけど。一番オリエちゃんのキーとかよく分かってますもんね」
中畑さん「そうですね。ソロ曲も歌ってたり、そういう意味ではね。資料は一杯・・・(笑)」


「テウチライブ」ではテウチメンバーのMCは結構多いですが、バンドメンバーが語られる事はほぼありませんので、中畑さんの貴重な肉声(?)となりました。

そして今回、10周年記念アルバムで新曲を複数作った理由について、榎本さんと五條さんが語られました。

榎本さん「今回アルバムにソロ曲を入れようとなったのもね、オリエちゃんのソロを増やすっていう・・・(笑)」
樹元さん「他で歌わないからね」
五條さん「うちらはね、歌手だからバラで歌ってたりするんですけども、なかなかオリエちゃんのソロ曲が増えなかったので、今回作るんだったらソロ曲作ったらいいじゃんみないなね」
樹元さん「本当、テウチでしか歌わない!」
五條さん「いんだよ、別に(笑)。自分でワンマンライブやって」
樹元さん「いやいやいやいや・・・(汗)」


これには観客も大盛り上がりです

榎本さん「今持ってる3、4曲のを永遠に歌い続ける」
五條さん「後はトークか、食べて『これが美味しいです』って実況。後は読み聞かせ」


樹元さんのソロ曲と言いますと、まず「テウチライブ」で歌われた中だけでも、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」の「咲」のキャラソン2曲「海が見えたら」、「海に月、心に光、キラキラと。」があります。
その他にも、「テウチライブ」オリジナルソングの「ひまわり」、「似たものどうし」もあります。
また、樹元さんが主人公「麻井麦」役を演じられたアニメ「ひとひら」のオープニングテーマ「夢ひとひら」を「テウチライブ」でカバーされた事もありました。

今回の「微笑みの花束」を入れると、6曲は手堅いですね。


そんなテウチメンバー4人で歌われた5曲目は、ライブアルバム「10⁺α」に収録されている「繋がる世界と未来への紙飛行機」です。
「ボカロP」としても有名な「PolyphonicBranch」さんが作詞、作曲を担当されています。

五條さん「ありがとうございます」


榎本さん「続きましては、まいこのソロで~す」

「繋がる世界と未来への紙飛行機」を挟んで、再びソロコーナーとなりました。
五條さんを残し、他のメンバーはステージを下りられました。

五條さん「PolyphonicBranchさん繋がりという事で、今日物販にも置かせていただいてます『Dear My Place』から1曲お届けしたいなと思います。『嘘と花束』、聴いて下さい」

五條さんが歌われた6曲目は、オリジナルアルバム「Dear My Place」に収録されている「嘘と花束」です。
先の「繋がる世界と未来への紙飛行機」と同様、「PolyphonicBranch」さんが作詞、作曲を担当されています。

五條さん「ありがとうございました~」


今日は、ここまでとさせていただきます。
レポートの続きは近日中にアップさせていただく予定です。



「ってな感じで♪」、5月に入りましたね。
自分にはゴールデンウィークはほぼないので、明日も出勤です・・・。
まあ、うちの部署は新人の2人を除いて全員どこかしらで出勤していますが・・・。
ただ、今日ある業者に電話しましたら昨日、今日もゴールデンウィーク休みになってると留守電で言われました・・・。
確かに、個人だとこの二日は休みづらいですが、会社自体休めば大連休に出来ますもんね・・・。
ただ、凄いなと思う一方、得意先が営業しているのに休むというのもどうなのかと思いますが・・・(負け犬の遠吠え・・・?)。

キュウキュウ「キュッキュッキュキュキュッキュッキュキュ」(第11話より)

2018年05月01日 22時36分

今日も「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告です・・・
今日は週で最も忙しい火曜日という事で、いつもの穴埋め企画「プリキュア つながるぱずるん」の近況報告を行わせていただきます・・・。
今日は日頃のストレスの為か、同僚が仕事で大きなミスをしてしまい(最近同僚のミスが多い・・・)、その処理で右往左往して疲れました・・・。


まずは、今日から始まった「スマイルプリキュア!」のイベント「絵本のせかいで ウルトラハッピー!おもいで」です。
イベントのタイトルに「おもいで」とある事から以前に行われたイベントの復刻と思われます。

個人的には、先月20日から始まった「消えた新入生!?桜のミステリー!」で消化しきれなかったハートの消費に丁度いいイベントだと思いました。
コインも宝石も稼げますしね。
今日始まったばかりですので、まだ序盤までしか進んでいませんが、「プリキュアチャレンジ」の「舞」の条件をクリアするのに使いたいと思います(まだレベル差があり過ぎて必殺技を出す前に終わってますが・・・)。


そして、開催も残り3日となった「消えた新入生!?桜のミステリー!」です。


4月27日の日記でも書かせていただきましたが、「咲」のイベントカードがマックスになりましたので、以降のサクラは宝石やコインに替えています。

宝石は品切れになり、今はコインと交換していますが、コインももう直ぐ品切れになりそうなので、以降はケーキに替えようと思ってます。
今後手に入るであろう舞の変身カードや★5「ほのか」等、レベル上げしたいキャラクターはまだまだいますので・・・。


続いては、舞の「プリキュアチャレンジ」です。
今日の時点で『166/200』でした。
前回この事を書いた4月27日の日記では『127/200』でしたので、一日約10回ペースで進んでます。
そう考えますと、舞の変身カードを手に入れるのは5月5日頃になりそうです。

しかし、咲の変身カードを手に入れてからはゲームの難易度がガラッと変わりました・・・。
「ともだち」のキャラを変身カードにすれば、中盤以降はずっと自分のターン状態ですので・・・。
こういうゲームがあまり得意でない自分には助かります・・・。

そんな中思ったのが、このゲームの難易度です・・・。
プリキュア自体は未就学女児がターゲットになっていますが、未就学女児は「むずかしい」どころか、「ふつう」がクリア出来るのでしょうか・・・。
自分ですら、「むずかしい」の★3クリアはほぼ達成出来ていませんし・・・。
まあ、自分のレベルが未就学女子以上という考え方自体が奢りなのかも知れませんが・・・。


最後に「ガシャるん」です。
前回の日記から四日経ちましたが、「デイリーミッション」をクリアする為に一日一回しか回していない状態では、4回で★4以上のカードが出る訳ないですよね・・・。
次の「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」ピックアップガチャまでコイン、宝石を貯めるのみです・・・。

ただ、「消えた新入生!?桜のミステリー!」のイベントのお陰で、現在チケットが36枚、宝石も1000個を超えました。
まだ前回の「S☆S」ピックアップガチャが行われてから半月くらいしか経ってませんので、ガチャを本気で回す機会はまだまだ先そうです・・・。



「ってな感じで♪」、今日からこの日記のページが新しいページになっています。
昨日までの日記は、このページの下にあります「過去の日記」から移動する事が出来ます。
もし興味がありましたら、ご一読下さい。

因みに先月最後の日記では、月曜日恒例企画「NARABETEMIREBAっと!プリキュアが分かる!かも」の第13話をお送りさせていただいております。

静江「あいよぉ!」(第10話より)



過去の日記



フッターイメージ